IMG_0791

WALES BLANKET “FAABRIG” 展示会のお知らせ

Posted on 2014/04/17

春がまっただ中なのに、ウールのお話し、してもいいですか?

我が家で長年愛用中のウエールズの伝統織物のお話し。独特の幾何学模様が印象的です。個性的な柄でありながら、全く飽きが来ないデザイン。不思議な魅力にとりつかれて十数年。

(このブランケットの記事は昨年にもアップしておりますので詳しくは、こちらをご覧下さい。→

 

60年代は色の組み合わせが様々でそれはそれでとても面白く、ロンドンのビンテージショプではとても人気なんですよ。↓

さて、このブランケットを紹介してくれたのは古くからの友人でイギリスのニットデザイナーのhikaru noguchi (以前 装飾ダーニングのワークショップをしてくれています)は、このウエールズブランケットの収集・研究家でもあります。

 

hikaru noguchiと工場長のレイモンド氏は長年のおつきあい

 

このたび、日本のインテリアに使い勝手の良い 配色で『FAABRG』を発表いたします。様々な色の毛糸がミックスされたグレーベージュのとアイボリーの”オートミール”。そして、紺色のグラデーションの3色使い“インディゴ” の2種類。オートミールは私の家で長年使っているものとごく近い配色です。

このブランケットはリバーシブル。

2色使いは色が反転していますが、3色使いのインディゴは違った表情です。これは、ダブルウエービングという2重織りの面白さ。その分厚みもあって温かいのが特徴です。

使用する前に一度ご家庭で洗って下さい。目が詰まって厚みが増し、ふわっとなります。もちろん縮むのですが(縮柔)それを見こしたサイズになっており、使うごとに風合いが増します。

右が新品、左が一度洗ったもの。↓

我が家は、ダブルサイズをホットカーペットカバーにして、10年以上なんどもがしがし洗濯機で洗っています。

気軽に使える膝掛けサイズ(19800円税抜き)、シングルベッドカバーサイズ(3200円税抜き)、ダブルベッドカバーサイズ(38000円税抜き)の3種類をつくりました。UKラムズウール100%です。

是非手にとってご覧下さいね。

期間中は、hikaru noguchiの2014秋冬コレクションの展示会、アウトレット商品の販売も開催いたしますのでこちらもお楽しみに!

■2014.4.22(火)〜27(日)@ the MID TOKYO gallery 港区六本木7-4-14

皆様のお越しをおまちしております。

 

詳しくは、こちらをご覧下さいませ。↓

■今回の装飾ダーニングのワークショップは満席になりました。

■ご購入をご希望の方は、展示会においでいただくか、こちらのメールアドレスまでお問い合わせ下さいませ。:lovecustomizer@gmail.com

 

 

Be the first to leave a comment