DSC_0023

写真を飾る。

Posted on 2013/06/09

壁に飾るもの。

ポスター、絵画、イラストなどのアートから、手軽な物でDMポストカードや、雑誌のキリヌキ、などなど。。。

私は特に高価な物は持ち合わせていなので、手軽な物でデコレーションがメインです。マスキングテープで貼って行くうちに、いつの間にか壁が育って行くような感じです。

ただずっとそのままにしているとカオス化してしまい、飽きてしまうので、思い立ってすべてを外す事があります。

先日ついにその日が来て、外した所すっきりー! 何もなくなった真っ白い壁も大変魅力的なのですが、白い壁を生かしつつ、何か欲しいな〜と。。。

そんな時ふと、写真が欲しい!という欲求に襲われました。

写真は私にとって仕事上とても身近なのです。写真なしでは私の仕事は成り立たないといっても過言ではありません。だからでしょうか?いつも素敵な写真に囲まれているので、あえて写真を飾るという事をしてきませんでした。よく考えれば、DMも雑誌も元は写真で、気に入った物はマスキングテープでぺたぺたとしていたのですが今回はいわゆる”生写真”? が欲しくなったのです!

ちょうどタイミング良く、”のんちゃん”こと、西 希(にし のぞみ)さんの写真展”Just Before Dawn“に行く機会があり、いつも思うのですが、やっぱり生の写真は力強さや、迫力が違うなーと感動したのです。

早速、『買うっ』と購入する事を決めたのですが、『写真を飾る』という事が初めてで、実はいろいろ考える事が多くて、奥深い!と思った次第です。

選んだ写真は、キューバの街のひとコマ。ピンクのグラデーションが素敵な壁、街角の水色の車の2枚。(組み合わせを選ぶのもかなり悩んだんですが。。。)

フレームをどうする? マットを入れる?無し? フレームの色は? 写真のサイズは?

と、まーいろいろと大変!

大きさはB4とA4で悩み、壁に紙を貼付けて大きさのバランスをみたりして、シュミレーション。のんちゃんにも相談に乗って頂き、アドバイスの結果 A42枚に決めました!

そこで、フレームはイケアのA4 サイズのスチール製黒縁のフレームがあったので、それを白く塗りなおしのプチDIY 。

スチール製なので、軽く240番くらいのヤスリをかけ、表面にペンキがのるように下準備をして、壁と同じ色でペイントしました。(2度塗りがベストです)

マットを付けずにごくシンプルしたのですが、復活した白壁も生かされた雰囲気になりました。フレームの厚みがある事で光の陰影が生まれて、それが紙を貼っていただけのフラットな壁とは大きく違っています。

時間によっては、表面のガラスに窓の外の景色が写って、写真と重なり、いきいきとした壁の表情を楽しむことが出来るのですね。

フレームを変えればまたイメージが変わるでしょうし、1枚の大きな写真を飾ってみたり、写真っておしゃれだなーって、改めて感じています。

たぶん、写真を飾る事ってとても男性ぽいかも知れないなーと思いました。それはイコール カッコイイって事かと。。。

個人的には”モノ”と向き合っている仕事が多いせいか、逆に街の風景など抜け感のある写真が気になります。モノクロもかっこよさそうだし。。。

今回の様に、インテリアを作るために写真を飾ろう!と、インテリアと調和するように考える作業はとても楽しくて勉強になりました。

結論!

写真はかっこいいです!そしておしゃれ!

これからインテリアのアイテムとして注目。楽しみが増えました♡

 

Be the first to leave a comment