キッチン収納

Storage under the kitchen!

Posted on 2013/01/29

今年最初のDIY!

といっても去年作ったのですが。。。我が家のキッチン下はオープンなので収納にはいろいろと工夫が必要です。これまで手持ちの箱を3つ重ねて一番下にキャスターを付けて使っていたのですが、もっと使い勝手を良くしましょう!と、以前『Basic box』としてご紹介した洗面台下の収納BOXの要領で作りました。

寸法を変えるだけで、作り方は全く同じです。違いは中の仕切りを作った事。何を入れたいか、どう使いたいかで仕切りの大きさや、仕切り板の枚数を変えてみましょう。

自分ちサイズがDIYの良い所♡

Basic Boxの作り方はこちらをクリック!

今回使用した木材は、”OSB”(配向性ストランドボード)という構造用の木材。主に北米で作られていて、まっすぐでなく柔らかい木はそのまま建材として使えないので、薄い削片状にして高圧プレス処理で強固な板材にしたもの。その配合やレシピは各メーカーの秘伝なのだそうです。そのワイルドな?! 見た目から最近は壁の内部でなく、見える場所に使うなど、内装材としても人気が高まっている建材です。普通にホームセンターで手に入ります。しかも安い!(910x1820mm 12mm厚 で約¥1200)

材料を変えるだけで、随分印象が違う!

 

私は、1台は、片手鍋や中華鍋、蓋を収納。

もう1台は、バットやボウルやザル。タッパー類を。

鍋類を入れているボックスには『P』のステンシルを施しました。(隣はアンティークのストレージボックス。こちらもステンシルですね!)

もちろん、下にはキャスターも付けて。

なかなかの使い心地。皆様も是非お試しを!

 

Be the first to leave a comment