OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワインの木箱でつくる簡単本棚 

Posted on 2012/05/06

GWはいかがお過ごしでしたか?私はワークショップも含め、DIYに始まり、DIYに終わったというところでしょうか。。。さて、GW最終日はこんなものを作ってみました。

比較的手に入れやすく、しかもかわいいワインの木箱。こちらを使って、簡単な本棚を作ります。ただ半分に切るだけというお手軽さ!元々組み立てられたものだから、そこを100%生かします。目からウロコ系のラブカスタマイズです♡

必要な道具はノコギリと、ヤスリと、メジャー。

 

■ノコギリ、ヤスリ(粗目120番くらい、細目240番くらい)メジャー

■どこにでもあるワインの木箱(酒屋さんでもらっちゃおう!)

■木箱の底板の合わせ目に向かって線を入れます。

■底は2枚合わせになっている場合が多いのでここを基準に。

■最初はゆっくり動かして刃を入れてから切り始めます。

■割れ目に沿って切ります。引くときに力を入れて、押すときは力を抜いて。

■まっぷたつ!後は仕上げです。

■のこぎり跡のがりがりを粗目のヤスリで削ります。ヤスリは厚みのある木の破片などに巻いて使うと作業がしやすいのですが、家にはなかなかありませんよね。そんなとき私は野菜の皮むきブラシに巻いて使っています。

■ある程度滑らかになったら、細目のヤスリで仕上げます。こうするとすべすべに!

■ヤスリの後は細かい木屑が出ますので、小さなホウキや刷毛などではらいましょう。

■これで完成!

お好みで、オイルやワックス、ペンキ等で仕上げてもいいですね。

■机に置いてベーシックな本立てに。。。

さらに、壁付けをするとぐーんといい感じです。

■壁付けには、ネジが必要です。(そんなに重い物を乗せなければ、ネジ止めは2カ所で良いでしょう)インパクト(ドリルドライバー)又は手動のラチェットドライバーで取り付けましょう。

最近購入したBLACK&DECKERは細めのグリップでおしゃれなレッド&ブラックのコンビテーション。ホームセンターでドリルドライバーなら5000円位からあるので、本当に買いやすくなりましたね!ハンディのドライバーでオススメなのは短めの柄でT字型のタイプ。こちらも使いやすくてオススメです。

■取り付ける場所を決めて、水平を確認して鉛筆などで印をつけます。水平計が無い場合はスマホで無料ダウンロード!

■使いたくてしょうがないのでインパクト(ドリルドライバー)を使います。ネジを揉む前に、あらかじめ穴を開けておくとその後のネジの作業がスムーズで失敗がありません。

■そして両側2カ所、壁に取り付けます。こういう作業も電動ものだとあっ、という間なので、女子の皆様には本当にオススメです。

簡単なので是非お試し下さいませね!

Difficulty:♡♡

Be the first to leave a comment